すぐにお金を借りたいのに審査が通らない理由

すぐにお金を借りたいのに審査が通らない理由

100万円すぐに借りたい、今日の夜に100万円使う必要がある。ごいた時に一番頼りになるのが消費者金融ですが審査に落ちてしまうことがあります。審査に落ちてしまうのはなぜでしょうか?それは借りたお金を返すことができないと評価されているということが挙げられます。お金を返せないというのは一つは能力的に難しいということと、後は能力があってもお金を返す人ではない。要するに信用されていないということですね。消費者金融は当然お金を貸して返してもらう時に利息を払ってもらい、それで利益を上げているわけですから、お金を貸す相手にはお金を返してくれる能力があることと、きちんと返せる人柄であることを審査ではかなり厳しくチェックしていると思います。お金を返す能力とは例えば年間収入や働いている先、担保となり得る家などがチェックされます。これらを一つ一つの点数をつけて合計した点数が何点以上などという基準を設けていると思います。これは各種消費者金融会社によって基準が違うと思いますが、大体これらの総合得点のうち何点以上は貸すけど何点以下は審査に落とすといったような感じだと思われます。
もう一つは消費者金融会社に限らずに金融会社は信用情報機関のデータを使って貸す人への信用できるかレベルを評価しています。クレジットカードヒストリー、クレヒスと言われることもあるもので、お金を借りたい人の信用データということです。
それはいくつか項目がありますが例えば今どれだけお金を借りているかという情報。この直近5年間ぐらいデータは保存されているそうです。あと今までにどれだけ支払いをしてきたかという情報。どこでどれだけ借りてきてどのぐらいきちんと払ってきたのかという情報です。これも直近5年間ぐらいデータを保存されます。さらに今まで商品をどれぐらい申し込んできたかという情報。おいたものが利用者の信用情報として保存されています。そして全国の金融機関はこういった情報を取り寄せて閲覧することが認められています。
クレジットカードとかの審査もこういった情報をもとに、通過したり落ちたりするようですね。特にクレジットカード申し込みをして審査に落ちてしまうという言葉、あなたの金融系の信用情報に何らかの傷がついているということが考えられますね。クレジットカードを発行する際にはその人がきちんと定期的に収入がある人なのか、借りたお金を最後まで返せる人なのか。過去のクレジットカードの利用履歴から判断するということです。例えば今まで請求通りに借金の返済をしてきたかどうか。あるいは滞納が多い、本人が解説他人が払ったとか、理由なく入金されないなど、クレジットカード利用において信用できない履歴があると、カードの発行審査が下りないということが考えられます。いわゆるブラックリストというもの、聞いたことがあるかと思いますが正確にはブラックリストというリスクはないようです。ブラックリストというリストがあるわけじゃなく個人の信用情報機関の情報の中に、今までの借金について払っていないとか遅延が多いと言ったあまり良くない履歴が残っている状態のことを言います。ブラックの人はクレジットを利用したとしてもきちんと返せない人なんだと、過去の履歴から判断されてしまうということです。一旦ブラック履歴があると今までの借金を全部払い終わったとしても、払い終わった日から5年間は情報として残ってしまいます。その情報が消えるまでは新しいクレジットカードがなかなか審査通らないということが考えられます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする